Page Top ▲



大きさ・形の異なる全てのパーツが組み合わせ可能!
子どもたちの想像力を刺激し無限の作品づくりを可能にするシステマティックな知育ブロック☆







子どもから大人まで無限に広がるリブロックワールド



基本の組み方
たのしい作例





安心安全の日本製
日本玩具安全基準にも合格しています。原材料の調達から製造まで、全て日本国内で行っている純日本製のブロック玩具です。

リブロックの各シリーズでは、お子さまの年令に応じて玩具安全基準に合格し、STマークを取得しています。材質は丈夫で安全性の高いABS樹脂。着色の顔料も食品安全基準に合格の無害なものを使用しています。また、部品はすべて角に丸みをもたせ、ブロックの裏側には強度を高める仕切り(リブ)を設けているため、組み立てられた作品はかなりの重量にも耐えられる設計になっています。
原料は国内有名メーカーのものを使用し、製造ももちろん国内で行っています。
安心安全の完全日本製!

原材料の調達から製造まですべて国内で行っています





前頭前野を刺激することで
「空間認知力」「創造力(想像)」
「問題解決力」等の
子どもの頃に育むべき力を養います。


考え抜かれたブロック構造から生み出されるリブロックでの遊びは、人間の「前頭前野」を刺激するのに適しています。

京都大学名誉教授(脳神経科学の世界的権威)
久保田 競 教授



縦・横・斜めとあらゆる方向から組み合わせ可能なリブロックは、”もの”の形や大きさをさまざまな方向から認識しながら遊ぶことで『空間認知力』が養われます。



簡単に立体的な作品をつくることのできるリブロックでの遊びは、子どもたちの創造力(想像力)をかき立てます!次々と発見する新しい組み方。大・小・ミニサイズ全てのパーツを組み合わせてあそぶことのできるブロック構造は子どもたちの無限の可能性を引き出します。
「みて!できたよ!」子どもから大人までアイデアたっぷりの作品がたくさん生まれます!



自分のイメージした形をどのように組み立てていくか、無限ともいえる組み合わせパターンをもつリブロックだからこそあらゆる可能性から答えを導きだし、ゴールを目指すことができます。
遊びの中で生まれる課題をクリアし、形を作り上げる行為は、日常生活において問題解決能力に繋がります。






京都大学名誉教授 元京都大学霊長類研究所所長
脳神経科学の世界的権威
久保田競教授推薦


脳科学の見地からみる「リブロック」

子どもの頃に、手のひらや指先を使って遊ぶことは脳の発達にとって大変重要なことです。自分で組み立てたものを何かに見立てて、触ったり、動かして遊ぶという行為は、空間能力や想像(創造)力を育むために子どもにとってかけがえのない経験になり、その次には、自分で考えて新しいものを組み立てるのです。シンプルな色と形で、自由度の高い表現方法が可能なブロックを組み合わせ、自分だけの特別なものを創り出す喜びを体験できることが、リブロックの優れたところです。他に類を見ないブロックは、空間認知力や想像(創造)力を鍛えるのにぴったりな教材といえます。



脳を刺激し『考える力』を育む

ならべる、はめる、ならす、つかむなどの簡単なブロック遊びをはじめ、リブロックでの組みたて遊びを繰り返すことで脳が刺激され「シナプス」が発達していきます。このシナプスの数が増えると考える力がつき、大人になったとき自分の取るべき行動を正しく判断して、問題を上手に解決できるようになります。